矯正専門医が
しっかり教える
インビザラインブログ

40代の歯列矯正はマウスピース矯正インビザラインがオススメです

歯列矯正を受けた歯並びというのは、ひと目でわかるものです。端から端まできれいにならんだ歯列は、その人の笑顔の魅力を何倍にも高めてくれます。美しい歯並びの人を見るたびに「子どもの頃にどうして矯正を受けなかったのだろう」「20~30代の頃に歯並びの治療をしていれば人生も変わっていたのに」といった後悔の念が押し寄せてくる40代の方も少なくないことしょう。

そんな方にこそ、東船橋のスマイルデンタルクリニックでも提供しているマウスピース矯正インビザラインをおすすめします。

40代でも歯並びの矯正できる?

40代はいわゆる中年期の真っただ中であり、今さら歯列矯正なんて遅すぎると始めから歯並びの治療を諦めている方もいらっしゃいます。確かに、歯列矯正は10~30代で行うことで有利に働く面もありますが、40代に入ったからといって決定的なリスクが生じるわけではありません。

実際のところ、40代から歯列矯正を始める人は年々増えており、決して珍しいことではなくなっています。医学的にも40代から歯並びの矯正を始めることに何ら問題はないといえるでしょう。むしろ、歯並び・噛み合わせの異常を40代以降も抱え続けることの方がリスキーと言えます。

40代から歯列矯正

40代で歯列矯正するメリット・デメリット

40代になると、仕事や家庭もある程度、安定するようになるため、新しいことを始めるには絶好の時期と言えます。これまで諦めていた歯列矯正を思い切って始めてみませんか?その際、40代で歯列矯正するメリットとデメリットについては、正しく理解しておく必要があります。

【メリット】

見た目が良くなる(コンプレックスの解消)

歯並びの問題を抱えている人の多くは、審美面においてコンプレックスがあります。笑った時にガタガタの歯並びがのぞくと、それだけでネガティブな印象を持たれかねないからです。

ただ、歯並びは自力で治すことができないため、40年以上ずっと劣等感を持ち続けてきた方も少なくないでしょう。40代からでも歯列矯正を行えば、そうしたコンプレックスを根本から改善できます。人生はこれからまだ40年以上続きます。ちょうど折り返し地点に差し掛かったくらいなので、今後の長い人生のためにも歯列矯正で見た目を良くすることは極めて大きなメリットとなることでしょう。

歯を失うリスクを減らせる

日本人が歯を失う原因のトップ2は歯周病と虫歯です。これらは口腔衛生状態の不良が出発点となる病気であるため、歯列矯正で清掃性を向上させればその発症リスクも大幅に減らせます。40代から50代にかけてはちょうど歯周病や虫歯で歯を失う人が急速に増加する年代でもあるため、その時期に歯並びの治療を行っておくことは、今後のお口の健康を守る上でも極めて有益といえます。

しっかり噛めるようになる

悪い歯並びには必ず噛み合わせの異常も伴います。上下の歯が正常な位置で噛み合っていないと、食べ物を効率良く噛むことができません。40代ではそれがもうすでに普通の状態になっていることから、今さら噛み合わせの治療と言われてもあまりピンとこないかもしれません。けれども、噛み合わせはある意味で歯並びの見た目よりも重要な要素であり、異常を抱えたまま40代以降を過ごすと、歯や顎の骨、顎関節などに深刻なトラブルが生じかねないのです。

そんな噛み合わせを正常化できることは、40代の方にとって何にも代えがたいメリットとなることでしょう。何よりも歯列矯正で噛み合わせが正常化されると、そしゃく能率が大きく向上していることに感動します。それは歯列矯正を頑張って乗り越えた後にしか味わえない感動、幸福感です。食べ物をしっかりそしゃくできることは、胃腸への負担を減らすことにもつながり、全身の健康維持・増進にも寄与します。

【デメリット】

定期的な通院が必要になる

歯列矯正では、その長い治療期間中に一定の間隔で通院しなければなりません。一般的なワイヤー矯正なら1ヵ月に1回の通院が必須となるでしょう。年間にすると12回程度ですが、40代の方にとっては月に1回、矯正のために時間を割かなければならない点がネックとなる場合もあります。ブラケットやワイヤーが外れるなど、装置が故障した場合は通院回数もさらに多くなります。

歯の移動に伴う痛みが強い

40代は、10~30代と比べると顎の骨が硬くなっています。その分、歯を動かすのに強い力が必要になるため、矯正に伴う痛みも強くなりがちです。この点も個人差が大きいとはいえ、若い人よりは不快症状などが強くなるものとお考えください。

歯周病のリスクが高まる

歯周病は矯正治療の天敵です。歯周病が悪化すると、歯茎や顎の骨が破壊されてしまい、きれいな歯並びを実現することが難しくなるからです。そして、歯周病というのは40代以降でリスクが大きく上昇することがわかっています。矯正装置によって口腔内が不衛生になり、細菌の活動が活発化すると、そのリスクはさらに高まります。矯正中に歯周病を発症すると、治療を始めたこと自体、後悔しかねないため十分な注意が必要です。矯正は比較的高額な費用がかかることから、失敗や後悔は避けたいものです。

インビザラインをオススメする理由

インビザラインがおすすめ

ここまで40代で歯並びの治療を行うことのメリットやデメリットについてご説明してきました。とくにデメリットの部分が気になった方も多いかと思いますが、その点はマウスピース矯正のインビザラインを選択することで、さまざまなリスクを回避できます。そのため東船橋のスマイルデンタルクリニックでは、40代以降の方にインビザラインをおすすめすることが多くなっています。

通院頻度が低い

インビザラインの通院頻度は2ヵ月に1回程度となっています。ワイヤー矯正の半分の通院で歯並びの治療を終えることができるため、40代の忙しい方でも問題なく始められます。

痛みなどの不快症状が少ない

インビザラインは、ワイヤー矯正よりも弱い力で歯を動かします。マウスピース(アライナー)1枚で動かす歯の移動距離は0.25mm程度なので、極端に強い痛みを感じることないでしょう。また、装置が薄く、表面も滑らかであることから、装着中の不快症状も極めて少ないです。これも40代から歯並びの治療を始める方にとって大きなメリットとなることでしょう。

お口と装置のケアがしやすい

インビザラインのマウスピースは歯磨きや食事の際に取り外せます。普段通りに歯磨きできるため、矯正中でも歯周病や虫歯のリスクが上昇することはありません。この点も40代の方にはインビザラインを選んでいただきたい理由のひとつといえます。

まとめ

今回は、40代で歯並びの治療を始めるメリット・デメリットと、マウスピース矯正のインビザラインがおすすめであることを東船橋のスマイルデンタルクリニックが解説しました。本文でも述べたように、歯列矯正は40代からでもまったく問題なく始められます。

また、40代からの治療でワイヤー矯正ではなく、インビザラインを選択するとたくさんのメリットが得られます。40代だからこそ矯正で失敗や後悔をしたくはないかと思いますので、歯並びの治療を検討中の方はいつでもお気軽に当院までご相談ください。矯正の費用や治療期間なども詳しくご説明します。

Visited 4,700 times, 1 visit(s) today
(Visited 29 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

院長 椎名 康雅

東京歯科大学で矯正治療認定医資格を取得し、同大学病院に勤務 平成15年にスマイルデンタルクリニックを開業 平成24年、スマイルデンタルクリニック矯正歯科/スマイルデンタルクリニック小児歯科を開業。 歯科医師のための勉強会「椎名塾」主宰。
この記事をシェアする
tel:0120390648
診療
時間
平日・土曜:9:00~12:30/14:30~18:00
※休診日:日曜、祝日